和洋だけでなく中華やタイ料理などでも大活躍の玉ねぎやトマトと言った、野菜の近年の高騰で頭を抱えている人も少なくないようです。自営業の傍ら数年前までは野菜を作っていましたが、ここ2年ほどは休んでいます。
先日種苗の前を車で通ると50代から70代ぐらいの年齢層の人たちを、以前よりも増して多く見かけました。都市部では慢性的な人手不足の職種もあるほどですが、地方では雇用創出が大きな課題となっているだけでなく、昇給を推進しているような会社は稀と言えます。
そんな中で何を節約するかと言えば、交際費に加え食費になります。野菜作りも先ずは土地の確保からはじめることになりますが、近年は比較的手頃な料金で借りることができる市民農園があります。
トマトやキュウリは、可なりの量が収穫できる上にもう少し暖かくなって4月や5月頃から植え始めると、梅雨や夏の時期は食卓が賑わうことでしょう。数年前に戻ってちょっと、野菜作りを再びはじめてみたいと思う今日この頃です。脱毛ラボ キレイモ 比較