あまりにも気温が高いと天然酵母にはよくないのですが、今年はまだ1度も酵母起こしに成功をしていないので、挑戦をしています。
レーズン酵母であれば比較的酵母起こしも行いやすいのですが、その中でもグリーンレーズンは特に安定をしているのだそうです。
ですから、グリーンレーズンで挑戦をしてみました。

気温が低すぎても全然ダメですし、高すぎても発酵しすぎてしまういうことがあります。
天然酵母はデリケートなものなので、その扱いには十分に注意をしなければいけません。

それでも完成をするとイーストとは全く違った風味のパンを焼くことができます。
発酵に時間がかかるので、基本的にはオーバーナイト発酵をさせています。
そうすることで翌朝の作業をスムーズに行うことが出来ます。

レーズン以外にも様々なもので天然酵母を起こすことが出来るのだそうですが、まだそのレベルには達していません。
まずはレーズン酵母で安定をしたものを作りたいと思っています。